pmjayr’s blog

面白いネタを日々探してます

テニスは楽しい

お題「続けている運動」


続かない部活動

私が中学、高校生のとき、飽きっぽい性格のせいで、いろいろな部活動を転々としていました。また、あの部活動の独特な雰囲気が嫌いで、1年以上続けられた部活動はありませんでした。その中に硬式テニス部もありました。正直、部活動には入りたくなかったのですが、私の学校が、部活動の入部が半強制的だったので、仕方なく入っていました。


人生の転機

そんな私でしたが、大学に入って、いろいろなサークルを見ているうちに、もう一度テニス部に入ろうと考えるようになりました。どうせ続かないだろうと思いつつもサークル見学に行きました。錦織圭のおかげでプチテニスブームが起こっていたので、結構な人数がサークル見学に来ていました。そこで、実際にテニスをしていたのですが、テニスのレベルはとても高かったです。しかも、あの独特な部活動の雰囲気があったので、これは無理だと思い、このサークルに入るのをやめました。

次に見に行ったのが、軟式と硬式が混ざったテニスサークルでした。しかし、今度はやる気がなさすぎてほとんどテニスはしないような感じでした。なので、このサークルもやめました。

3度目の正直と思い、見に行ったサークルは、名前はテニス部とあるものの、サークルみたいにゆるい感じのとこでした。このサークルとの出会いが私が今でもテニスを続けられている理由です。このサークルは本気で大会優勝を目指すとういよりも、趣味としてテニスを楽しむという感じのサークルで、とても自由にテニスをすることができました。もちろん先輩方もいる中でです。先輩方はとても優しく、このサークルについていろいろな説明をしてくれました。初めて会う、同い年の人もいい人ばかりで、このサークルなら続けられそうと思いました。このサークルには、私が嫌いなあの部活動の独特な雰囲気は一切なく、むしろ私が好きな雰囲気でした。部活動では、決められた練習メニューを毎日繰り返して行います。球出ししたり、走ったり。たしかに、それは試合に勝つためには必要なことです。本気で優勝を目指しているならそういう基礎練習は本当に大事です。しかし、私は試合に勝つことよりも、テニスを楽しみたかったのです。友達とテニスをして、遊びの中でテニスの打ち方や、戦法を学んでいきたいのです。部活動としてテニスをしていた頃は『せっかくテニス部に入ったんだから、もっと好きに打ちたい!』と心の中で思っていました。このサークルに出会っていなかったら、今でもこの嫌な思い出しか残っていなかったと思います。


やっぱりテニスは楽しい

このサークルでテニスをして感じたことは、とにかくテニスが楽しいといくことです。あきらかに、部活動としてやっていた頃よりテニスの上達スピードは早かったです。サークルがある日は必ず行っていましたが、行くたびにどんどんテニスが上手くなっていくのを実感できました。また、考えて打てるようになってくると、友達とのプチ試合でも勝てるようになり、さらにテニスが楽しくなりました。


まとめ

私はこのサークルとの出会いのおかげで、今でもテニスを続けています。今でもテニスをするのは楽しいです。この先もずっとテニスをやっていきたいと思っています。私の経験から、運動を続けるコツは楽しむことです。どんな運動でも楽しくなければ、上達はしないし、続けることも難しいです。なので、中学、高校でやってた部活動が楽しくなかったとしても、私みたいにどこかでもう一度その運動をやってみてください。もしかしたら、その運動がとても楽しいと感じるかもしれませんよ。



pmjayr.hatenadiary.com
pmjayr.hatenadiary.com
pmjayr.hatenadiary.com